おすすめ記事と各カテゴリー記事の紹介≫

私がやりたいのは幼児教育?知育?取組みをする上で大切なこと3つ。

子どもの将来のために何か学ばせたい!と思った時に、「幼児教育」と「知育」という言葉を見聞きすると思います。

何となく使っているけれど両者の言葉の意味の違いはあるのでしょうか?

そういえば、知育玩具とはいうけど、幼児教育用玩具なんて言葉は聞かないなぁ…

ハハトコtimeは幼児教育や知育について綴っていくブログですので、言葉の意味の違いを確認したいと思います。

 

今回は、この2点についてまとめます。

  • 「幼児教育」と「知育」という言葉の意味と両者の違い
  • 子どもと取組みをする上での3つのポイント

幼児教育と知育の違い

幼児教育とは

コトバンクをもとに私なりにまとめてみると…

幼児教育とは就学前の幼児期(主に1歳〜6歳)に行われる教育のこと。
知的教育だけではなく生涯にわたる人格形成の基礎を培うことに重きを置いている。
家庭、幼稚園、保育園が幼児教育の場である。

 

知育とは

知的な能力を教育すること。徳育、体育美育と並んで教育の一側面として考えられる。年齢を問わない。

 

まとめ:幼児教育と知育は教育の時期や内容が異なる

《教育の時期》

幼児教育は幼児期限定ですが、知育は年齢を年齢を問いません。

 

《内容》

幼児教育は知的な事以外にも運動や芸術、道徳といった分野についての教育も含まれます。

また、知育は知的能力のみに限定されます。

幼児教育や知育の目的は?

幼児教育や知育をする上で大切なのは、目的をはっきりと持つことです。

なぜなら、目指す場所が違えば内容も取り組み方も違ってくるからです。

みさき家の場合は…
子どもに“実り多き人生を歩んで欲しい”というのが第一にあって、

 

私の個人的な思いとして、

  • 親子の時間をより楽しく充実したものにしたい
  • 知的好奇心を育てたい
  • 子どもと一緒に学びたい

というのと、

 

生活・息子の性格上の問題として

  • 娘が生まれて家にいる時間が増えるので、家で息子と取り組みをしたい
  • 幼稚園入園時、自信を持って出来ることを1つでも身につけさせたい。

というのがありました。

 

息子は場所見知り、人見知りが強く、母子分離が難しそうだと思ったので、慣れない場でも自信を持って出来ることが1つでもあれば頑張ることができそう、

娘の授乳の関係でこれまで通りの外遊び時間は確保できないだろうと思い、2歳3ヶ月から本格的に取り組みを始めました。

 

また、小学校受験は考えておりませんが、中学受験を視野に入れています。

この中学受験というのも、何が何でも公立ではないところに入れたい!と言うわけではなく、“中学受験”という経験をさせたいと考えています。

 

そのため私学ではなく、“適性検査”というものが課せられる公立中高一貫校を目標にしています。

この適性検査に向けた勉強は、落ちても受かっても、後々とても役に立つ学びだと思うからです。

幼児期の今は、将来に向けて種を蒔き、育てるイメージで、子どもと色々な経験をしたいというスタンス。

沢山の芽を育てて、その中からどれを選ぶのかは我が子に任せ、小学生以降は子どもが選んだものを育てるお手伝いをしていきたいです。

 

 

取組みをする上で気をつけている3つのポイント

私が幼児教育の取組みをする上で気をつけているポイントは3つあります。

それは…

  • 楽しく
  • 自由に
  • タイミングを見極める

です。

1.楽しく♪

私の中ではこれを一番大切にしています。

小学校受験をするわけではないので、1日のノルマも設けません。

机に向かってプリントをするだけが教育じゃない!

 

幼児期の今は体験を通して子ども自身が何を感じるかを大切にしたい。

だから楽しいのが一番♪

 


取り組み=楽しい♪

とインプットされてしまうと、後々親もとっても楽。

4歳の息子は毎日自ら進んでプリントもやりますし、次はこれやってみたい!明日はこれやる!

と学ぶ意欲もどんどん湧いてきます。

 

2.子どもの自由に任せる

年中からZ会を始めたので、それだけは自分で決めたスケジュールで取り組んでもらっていますが、それ以外は何をやっても良いことにしています。

プリントをやりたい日はプリントを、工作の日もありますし、お絵かき、台所で料理の手伝い、ブロック遊びやホワイトボード遊びなどその日息子本人がやりたいものを選びます。

 

もちろん、幼稚園で疲れちゃったから今日はゴロゴロするーとか、テレビを見る、娘とごっこ遊びをする日もあります。

 

春~秋の幼稚園降園後は外遊びをする日がほとんどで、私が夕飯を作っている時に息子が自分でできる範囲の取り組みをしています。

みさき
みさき
私は料理をしつつ見守ります。見ていてここでサポートした方が何倍も理解が深まると思った時は、手を止めて息子の元へ行きます。

幼稚園入園前は1日1回座って机に向かう習慣をつけました。

ドリルでも良いし、お絵かきや工作でも良し。とにかく落ち着いて座って作業ができることを目的としていました。

 

3.タイミングの見極め

みさき家の幼児教育・知育の目的は小学校受験や高いIQを求めるものではありません。

あくまで子どもが実り多き人生を歩めるよう、今しかできない親子のかかわりの中で知的好奇心を育てたり、学習の基礎となる部分をきちんと作っていきたい。

 

だから、いつまでにこれができないといけないなんてこともないし、知識的なこと(例えばひらがなの読み書き、計算や時計の読み方など)を早期に教えたりもしません。

 

あくまで本人が興味を示したときにサッとその興味を満たせる教材や知育玩具を実際に目の前に出してあげるだけです。

 

このタイミングが非常に大事。

みさき
みさき
このタイミングを逃すまいと日々子どもの様子を観察しています。

 

一人一人成長が違うように、これが正解という幼児教育のカリキュラムがあるわけではないのです。

 

私のこの考え方は「モンテッソーリ」という教育理論がもとになっています。

モンテッソーリ教育の目的は、「自立していて、有意義で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。

(日本モンテッソーリ教育綜合研究所より引用)

私の目指す幼児教育ってまさにこんな感じ!

と共感。

が、モンテッソーリの教具ってとてつもなくお高い…一般家庭ではなかなか難しいです。

 

そこで、私はモンテ教育の「敏感期」という考え方をおうち幼児教育の中に取り入れました。

 

息子の敏感期に合わせて、メインの取組みを決めます。

 

子どもが今何に興味があるかは、日常の会話や行動を見ていると大体わかります。

 

“今、これがやりたい”っていうのがバンバン伝わってくるんです。

 

興味がある事についてのドリルや知育玩具、取り組み内容だと、こちら(親)が指示しなくても子どもが自ら手にとって取り組んでくれる。

 

この流れだと私もこの心に余裕ができ、和やかなムードで取り組みが進むし、褒めるところも多い。

 

するとさらに子どもはやる気が出る。

 

というようにとても良いサイクルが出来上がります。

 

就園前の自己流幼児教育の成果

幼児教育ブログやネットで教材や取り組みを調べつつ、息子に合わせてドリルや取り組み内容を決めていったら、いつのまにか色々なことができるようになっていました。

 

幼稚園入園前に出来るようになった7つのこと

  • ひらがなの読み書き(書くのは手本ありの場合)
  • 数字の読み書き(20まで)
  • 時計(◯時までは理解、分はまだ)
  • 迷路(小学校準備の迷路ドリル終了)
  • 点描写
  • ハサミが使える
  • クレヨンや色鉛筆、折り紙、糊を使って工作ができる

 

子どもの敏感期に合わせていただけですが、幼稚園入園前に色々なことができるようになっていました。

 

得られたメリット

ひらがなや数字が読めて、時計の時間も大体わかるので、慣れない場所でも息子は自分で情報を掴み取ることができていました。

 

お友達や先生の名前も名札を読めば良い、何時になればママがお迎えに来るなどのことが理解できたのが良かったです。

 

また、家でハサミや糊、クレヨンでのお絵かきを沢山経験していたので、製作の時間は褒められることも多く、そこで園生活の自信がついたようでした。

 

 

まとめ

幼児教育と知育の言葉の意味は似ているようで厳密には違う。

幼児教育や知育で大切なのは、その目的をはっきりとさせること。

取り組みは、楽しく・自由に!

子どもの敏感期に合わせた取り組みで、学習習慣の定着化をするのが大切。

みさき
みさき
親の関わり方次第で、お家での自己流幼児教育だったとしても、学習習慣や知的好奇心を育てることは可能です

 

関連記事

>>息子がカタカナを読めるようになった理由〜タイミングと教え方〜

>>幼児教育の基本って何だろう?体力と集中力が今後の学習の鍵になる!

>>教える?教えない?子どもとドリルをする時に気をつけていること

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

RELATED POST