【手作りおもちゃ】簡単!磁石でお魚釣りセットの作り方

あなたもみたことがありませんか?

子ども用の魚釣りができるおもちゃ。

 

そしてこれをみた子どもは高確率で…

これ凄い!僕もやってみたい!買ってー!!

 

みさき家も息子と一緒に書店へ行った際、知育玩具コーナーで磁石でできる魚釣りのおもちゃを発見。

息子が手に取り、買って欲しいと言いました。

手にしていたのは600円だし、買っても良いかな…と思ったけど、ここでピンッと閃いた!

 

みさき
みさき
これ、すごく面白そうだから、家に帰って一緒に作ってみない?
えっ!これ作れるの?すごい!作ってみたい♪

 

今回は「簡単!磁石で釣る魚釣りの作り方」をご紹介します。

 

材料費は108円。

子どものお昼寝中にも、子どもと一緒に作ってみてもOKです。

 

絵が苦手で…という方も大丈夫。

誰でも簡単に可愛く綺麗なお魚たちを描く方法をご紹介します。

 

今回作れる、お魚釣りセットは下の写真のような感じになります。

手作り お魚釣りセット

「磁石でお魚釣り」に必要な材料

磁石でお魚釣りのおもちゃを作る時に用意するものは次の8点です。

ほとんどのものがもうすでに家にある方が多いのではないでしょうか。

用意するもの
  • ダンボールか厚紙・おりがみ
  • クリップ
  • 磁石
  • 割りばし
  • ひも
  • セロハンテープ
  • 色鉛筆・カラーペン
  • はさみ(またはカッター)

 

みさき家では磁石だけ家になかったので、100円ショップで購入しました。

 

そしてここで、絵が苦手な私がキレイにかわいく魚たちを描くために用意したのは…

「うみのいきものかくれんぼ」という絵本です。

息子が1才の時から親しんできたこの絵本の仕掛けを使ってお魚たちを作りました。

使い方は「お魚釣りの作り方」のところでご説明します♪

 

また、お子さん自身が”自分で”オリジナルのお魚パーツを作れる、おりがみを使った方法もご紹介していきます。

 

 

「磁石でお魚釣り」の作り方

磁石をつけて作るお魚釣りセットの作り方は、簡単3stepです。

簡単3step!磁石でお魚釣りの作り方
  1. お魚パーツを作る
  2. 作ったお魚パーツにクリップをつける
  3. 竿を作る

手順を一つ一つ解説していきます。

step1.お魚パーツを作る

まずは釣るお魚パーツを作っていきます。

みさき家では、息子が3才・娘が1才の時は、パターン1のように段ボールを使って。
その後、息子5才・娘3才になりパターン2のおりがみを使った方法でお魚パーツを作りました。

 

パターン1.絵本を利用して作る

用意するのは、段ボール(厚紙)と絵本「うみのいきものかくれんぼ」。

仕掛け絵本である「うみのいきものかくれんぼ」は、下の写真のように型抜きされているページがあるんです。

絵本 うみのいきものかくれんぼ 魚釣り

この型を使って、段ボールにうつしていきます。

みさき
みさき
絵が苦手な私でも、簡単にお魚たちのフォルムを写し取れました!

 

描いた線をはさみやカッターで切り抜き、色鉛筆やカラーペンで装飾していきます。

みさき
みさき

目の位置やヒレなどの線を描くときも、お手本として横に絵本があるので絵が苦手な私でもバランスよくかけました!

お子さんが参加できるポイント

お魚パーツに色を塗ってみよう♪

 

パターン2.おりがみで作る

パターン2ではおりがみで「さかな」を折ります。

以前ご紹介したおりがみ本「3・4・5才のおりがみ」のなかにも「さかな」の折り方が載っていたので、それをもとに作りました。

おりがみで折って、目や鱗を書けばオリジナルのおさかなパーツのできあがり。

おさかなだけでなくチューリップやせみなど、子どもが作りたいものをどんどん作ってみましょう。

 

お子さんが参加できるポイント

おりがみでオリジナルのお魚パーツを作ってみよう♪

 

step2. お魚パーツにクリップをつける

作成したおさかなパーツが釣れるように、好きなところにクリップをつけていきます。

クリップは外れやすいので、裏側をセロハンテープで止めておきましょう。

お子さんが参加できるポイント

セロハンテープでクリップを止めよう♪

 

Step3.竿を作る

100円ショップで購入した磁石、段ボール、ひも、割りばしを使って作ります。

魚釣りセットを作った当時、娘がまだ何でも口に入れてしまう時期だったので、磁石を段ボール(厚紙)で覆って、下の写真のように釣る仕掛けを作りました。

お魚釣りセット 竿

片面は磁石が見えるように小窓をつけ、反対側は、中央からひもが出せるよう穴をあけています。

最後は両面を併せてテープで固定。

もう片方のひもの先端は、割り箸に結んでテープで固定して竿の完成です。

 

手作り お魚釣りセット

「磁石でお魚釣り」の遊び方

遊び方は簡単!

床に作ったお魚パーツを広げておいて、竿で釣ってみましょう!

お魚釣りセット 遊び方 

 

お片づけは、家にあった子ども用バケツにポン。

釣りっぽい雰囲気も出るのでおすすめです。

お魚釣りセット 手作り 片付け

お魚釣り遊びから広がる学び

1.かずの勉強

釣った魚のかずを「1、2、…」と一緒に数えてみましょう。

幼児期に大切なのは実数を数えられること。

竿を2本作って対戦形式にすると、どっちが多い?と比較もできるようになるのでおすすめ。

遊びの中で少しずつ「かずの概念」を取り入れていけると良いですね。

子供に数の感覚を身につけさせる方法☆1〜3歳は言葉のシャワーと実体験が重要今回のテーマは数(かず)です。 お風呂で1~10の数の暗唱はできるけど、実際のものを数えさせてみたら全然数えられない!なんてことあ...

 

2.磁石の不思議に気づく

子どもたちはしばらく遊ぶと、釣ることをやめてなぜ磁石にくっつくのか考え始めました。

磁石にくっつくのは、おりがみではなくクリップ。

なんで?の疑問が生まれます。

そこで竿を持って家の中を探検!

磁石につくもの・つかないものを探しました。

 

 

おわりに

買うのは簡単だけれど、家にあるものでも簡単に作れるお魚釣りセット。

ママが作ったおもちゃで遊ぶ期間は限られているので、手作りしてみてはいかがでしょうか。

お子さんとも作れるので、雨の日の取り組み・おうち遊びにもおすすめです。

  • 釣って楽しい
  • かずのお勉強にも
  • 知的好奇心を刺激する磁石を持っておうち探検

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてくださいね。

 

おすすめ知育玩具・ドリルを紹介中

みさき家でも実際に使っている知育玩具やドリルを一覧で紹介しています。
(廃版になっているものは類似品を紹介)

楽天ROOMをみる