おすすめ記事と各カテゴリー記事の紹介≫

月1,280円で子供の月齢に合った世界の絵本が届く【WORLD LIBRARY Personal】

あなたは、おうちでお子さんに絵本の読み聞かせをしますか?

みさき
みさき
みさき家では1日に1冊は絵本の読みきかせをするようにしています♪

絵本の読み聞かせは、語彙力や想像力、記憶力などを育むことができ、かつ親子の触れ合いの時間になるので、子どもにとって良いこと尽くめです。

おうちに居ながらも、いろいろな世界へと連れて行ってくれる「絵本」。

でも…

  • どんな絵本を選んだら良いのか分からない!
  • 家にある絵本にバリエーションがほしい!
  • 子連れだと店頭でゆっくり絵本を選べない。

こうした悩みはありませんか?

そんなあなたにぴったりなサービスが、WORLD LIBRARY Personalワールド ライブラリー パーソナルです。

 

どんなサービスかというと、「個人向けの絵本定期配送サービス」。

しかも、ワールドライブラリーパーソナルなら、書店や図書館ではあまり見かけることない、世界の名作絵本が毎月1冊お子さん宛てに届きます!

 

先日、第1回目の絵本配達が完了したみさき家。

子どもたちは自分宛に届いた郵便物にドキドキ・ワクワク♪

すぐに封を開けて「絵本を読んで!」と私の元へやってきました。

この日を境に子どもたちの読書熱はグッと上昇。

“絵本をたくさん読みたいから”と、身支度やおもちゃの片づけ、寝る前の歯磨きなど、日常ダラダラと行っていたことをパッと済ませるようになるという嬉しい変化も!

 

今回は、みさき家で利用を始めたワールドライブラリーパーソナルの詳細や、サービスの良い点・難点、子どもたちの反応をご紹介します。

 

WORLD LIBRARY(ワールドライブラリー)とは

(株)ワールドライブラリーは海外の絵本を翻訳出版している出版社。

2018年11月現在、約30か国、95タイトル以上の絵本を保有しています。

(株)ワールドライブラリーの志は、

「絵本をひらくと 世界がひらく」

「絵本を通じて、世界と出会い、世界を知るきっかけを作る」

(株)ワールドライブラリーより引用

これに私は深く共感しました。

 

(株)ワールドライブラリーが展開している事業の一つが、今回私も利用した、個人向けの絵本定期配送サービスの「WORLD LIBRARY Personal」です。

 

WORLD LIBRARY Personalのサービス内容

WORLD LIBRARY Personal」は(株)ワールドライブラリーが個人向けに行っている、絵本の定期配送サービス。

子どもの成長にあわせて、毎月1冊の絵本を送ってくれます。

 

利用料金は1,000円(税別・別途送料200円)。

この利用料金は、届く絵本の金額に関係なく一律です。

みさき
みさき
配本スケジュールにある絵本の中には2,000円以上するものもありますが、定期配送サービスを利用すると全部一律1,280円で購入できます!

申し込み月の翌月から配送開始で、毎月15日前後におうちのポストまたは宅配便の手渡しで届きます。

対象年齢は1才4か月~7才。

月齢に応じていつでも加入が可能です。

お子さんが1才4か月になる前に登録すると、1才4か月を迎えた時点から配本が始まります。

サービス内容まとめ
  • 利用料金▶︎月1,280円
  • 対象年齢▶︎1才4か月〜7才
  • 申し込み▶︎月末まで
  • 配本開始▶︎申込み翌月15日頃〜
  • 最低利用月数▶︎なし

 

どんな絵本が届くの?

届く絵本はワールドライブラリーのHPより全て確認ができます。

各年齢での絵本の選び方、配本スケジュール、絵本の内容等が紹介されているので、どんな絵本が届くのかがよくわかりますね。

ワールドライブラリーパーソナルの配本スケジュール 5才

届く絵本は、ストーリー絵本だけでなく、しかけ絵本もラインナップされています。

定期絵本配達サービスでしかけ絵本も届くというのは、ワールドライブラリーの大きな特徴。

しかも追加料金等は一切なし。

みさき
みさき
普通のストーリー絵本より高額な仕掛け絵本も、定期料金のみで送ってくれるのは嬉しい!

また、絵本の本文は日本語訳されおり、おうちで気軽に読み聞かせができますのでご安心を。

 

息子と娘に1冊ずつ定期配送を申し込み!

次の3つの理由から、息子と娘それぞれに定期絵本配送サービスを申し込んでみました♪

私がワールドライブラリーパーソナルの利用を始めた理由
  1. 外国のものならではの色使いやタッチも子どもたちに知ってもらいたい
  2. 私や子供が普段選ばないような絵本にも出会える
  3. 子供宛てに絵本が届く

申し込み手続き

ネットから簡単に申し込みが可能です。

申し込みに必要なもの
  • メールアドレス
  • クレジットカード

この2つがあれば簡単に申込みができます。

 

申し込みの手順

ワールドライブラリーパーソナルのHPの申し込みはこちらボタンから申し込みを行います。

まずはお客様情報の登録をします

この時、子ども一人につき1アカウントが必要になります。

みさき家の場合は2人分申し込みをしたので、2つのメールアドレスが必要でした。

 

続いて届け先の情報登録をします

子どもの生年月日を登録すると、初回配達の絵本が●才●ヶ月と自動計算されます。(通常設定)

この時、該当月齢ではないけれど、「この絵本から定期配送を始めたい」という希望の絵本がある場合は、配本開始コースの選択を行ってください。

配本コースの選択

 

入力内容を確認した後、確認ボタンを押して次の画面へ進みます。

 

最後に決済情報の入力をします

手続きはこれだけ!

あとは翌月15日頃に届く絵本を待ちましょう。

 

1冊目が届いた!子どもたちの反応は?

みさき
みさき
ママから2人にプレゼントがあります♡

と、子どもたちに届いた包みをそれぞれ手渡しました。

ありがとう!何かな?何かな?
わーい!ありがとう!

2人とも絵本とわかると大喜び!

すぐに読んで!読んで!と私の隣へ集合しました。

 

娘に届いた絵本は、迷子になった子犬を探すページがあったので、早速指差しをして教えてくれましたよ♪

息子の仕掛け絵本は、子どものイタズラ心をくすぐる内容と仕掛けに心惹かれたようです♡

かじりやニブルス

 

 

ワールドライブラリーの良い点と難点

ここからは、私が実際にサービスを利用してみて感じた、良い点と難点についてお話しします。

良い点3つ

利用してみて感じたワールドライブラリーパーソナルの良い点は3つあります。

  1. 月1,280円で年齢にあった世界の絵本が届く
  2. 開始したい月齢を選択できる
  3. いつでも解約が可能
月1,280円で年齢にあった世界の絵本が届く

子どもの発達にあわせて選ばれた絵本が各年齢ごとにラインナップされているので、届いてすぐに子どもと楽しめるところが1番の魅力です。

実際、私が娘に選んでいる本や娘自身が選ぶ本よりも、今回届いた「リンチェ」は字が小さくお話も長かったのですが、飽きることなく最後まで絵本を楽しめました。

みさき
みさき
もうこのくらいの絵本を選んでも良いんだ!

と、絵本選びのヒントにもなりました。

 

また、世界の絵本は日本のものとはまた一味違った鮮やかな色使いが魅力的!

絵本の裏表紙には国旗も描かれているので、どこの国の絵本なのかすぐにわかります。

ワールドライブラリーパーソナル 国旗

世界地図でどこにある国なのか調べると、地図育にもなりますね。

好奇心を育てる地図育の方法
知的好奇心を育てる地図育の方法☆本棚に一冊ちずえほんを置こう!地図育とは文字通り、地図を使って学習をすることです。 小学生の頃、社会科の授業で地図を持って街探検をしたり、地理や特産物、県庁所在...

 

料金は絵本の価格に関係なく、月1,280円と家計にも優しいお値段設定。

しかも年間で見てみるとかなりお得に購入できることが分かります。

例:5才の場合

定期配送開始の絵本を選べる

絵本の配本スケジュールを見ていると、「過ぎてしまったけれどこの月齢の絵本から購入したい!」という絵本もあると思うんです。

そんな時、配本開始月齢を選択できるところが嬉しい!

私も今回、息子は該当の月齢よりも前のもの、娘は該当月齢より後のものを選びました。

 

いつでも解約が可能

「定期」と聞くと、最低3か月など最低利用月数の制限があるものが多いのですが、ワールドライブラリーパーソナルには相違した制限が一切なく、いつでも解約可能です。

みさき
みさき
予算にあわせて続ける月数を調節できるのがうれしい♪

解約もマイページよりボタンをクリックするだけの簡単手続き!

毎月24日までに退会手続きをすれば、翌月以降の配本をストップすることができます。

毎月25日~末日に退会手続きをした場合、翌月末での退会となる。

再入会を希望する場合は、退会後3ヶ月空けないと再入会はできないので要注意!

 

難点

私が感じた難点は一つだけあります。

兄弟姉妹がいてそれぞれに申し込みをする場合、アカウントを2つ作らないといけない。

申し込みをしたいお子さんが一人なら問題ないのですが、みさき家のように兄弟の年齢が近く、2人分以上申し込みをしたい場合は子どもの人数分のアカウントを作る必要があります。

私は2つ以上のメールアドレスがあるのですぐに申し込みできましたが、人数分のメールアドレスがない場合、アドレスの取得からやる必要があるので手間がかかりますね。

特に、祖父母世帯が孫へのプレゼントとしてサービスを利用する場合などは結構管理が大変なのでは…?

1つのアカウントで子ども全員分の管理ができるようになると、もっと使いやすいと思いました。

おわりに

絵本の読み聞かせは幼児期にとても大切です。

知育的な面からみると、語彙力や想像力、記憶力などを育むことができるので幼児期の万能な取り組みの一つ。

また、小さなころはお膝に座って、就園してからは隣にぴったりと寄り添って。

スキンシップを取りながらの読み聞かせは、子どもにとっても親(祖父母)にとってもかけがえのない時間となり、子どもの情緒も豊かになります。

 

  • 読み聞かせはしたいけど、図書館へ行くのはちょっと面倒
  • 年齢にあった絵本が分からない

そういった悩みのある方へ。

ワールドライブラリーパーソナルなら、月々1,280円というお手頃価格で、店頭や図書館ではあまり見かけることのできない世界の名作絵本と出会えます。

しかも、月齢にあった配本ラインナップで届いてすぐに楽しめる。

 

誕生月にはラッピングもしてくれるので(要希望欄にチェック)、プレゼントにも最適です。

 

気になった方はぜひワールドライブラリーパーソナルの配本ライナップをご覧くださいね。

ハハトコtime のトップに戻る